顔が脂臭いって加齢臭?皮脂分泌抑える石鹸でにおい対策!!

k_ph22

加齢臭とは、中高年になるとあらわれる特有の臭いです。

ある一定の年齢を過ぎると、臭いだしても不思議ではありませんが、
やはり男性女性ともに気にされる方は多いようです。

しかし、この加齢臭というのは、一体何が原因で起きるのでしょうか。
加齢臭はノネナールという物質がにおいの原因になっています。

このノネナールという物質は、皮脂腺の中のパルミトオレイン酸という
脂肪酸と過酸化脂質とが結びついてできたものです。

一般的に40歳以上になると、男女問わず、
パルミトオレイン酸や過酸化脂質がそれぞれ増加してしまうため、
加齢臭が起こりやすくなってしまうのです。

このノネナールという物質は、若い男女には
ほとんど存在していないと言われています。

加齢によって臭ってくるために、加齢臭というのです。
では、この加齢臭、体のどこから臭いだしてくるのでしょうか。

加齢臭は世間でもよく言われているように、
耳の後ろ側から臭います。

つまり顔が臭いと感じるはずです。

しかし、それだけではありません。
頭部では頭皮や首の後ろ側、それにTゾーンと呼ばれる額から
鼻にかけての部分などが発生しやすくなっています。

顔が臭い以外にも、
体の部分はどうでしょうか。

体では、胸と背中から加齢臭が、
臭いだしやすいと言われています。

これも頭部と同様、皮脂腺がこの部位には
数多く存在しているからです。

では、この加齢臭を自分で確認するにはどのようにしたらよいでしょうか。

自分の臭いには、毎日自然と接しているだけあって慣れてしまっています。

そのため、同じ臭いをずっと嗅いでいると、
その臭いにはなかなか気づかなくなってしまいます。

実際、加齢臭で悩む方の中でも、最初は自分自身で気づかず、
家族や友人などから指摘を受けて
ようやく気付いたという方も数多くいらっしゃるようです。

加齢臭を自分で確認するには、
耳の後ろや背中の後ろ側などをティッシュで拭い、
その臭いを嗅いでみることでわかる場合もあります。

また、着ていた衣服の胸や背中部分を嗅いでみたり、
枕の臭いを嗅いでみたりすることでも確認ができるので、おススメです。

こうした中高年の悩みの種である加齢臭ですが、
対策はあるのでしょうか。

ひとつには、生活習慣の改善として、
食生活を和食中心にするという方法もありますが、
前述した加齢臭が臭いだしやすい頭部や体の部位を常に清潔に保つことも重要です。

その際、現在お使いになられている石鹸から、
加齢臭専用の石鹸に変え、皮脂腺が多く出ている部分を特に清潔にすることだけでも、
加齢臭は抑えられます。

加齢臭向けに開発された石鹸の中でもお勧めはサントリーが
販売している『プラスデオ』です。

加齢臭の原因であるノネナールという成分に、
アプローチする成分が配合されており、
ノネナールを泡で吸着し洗い流します。

また『プラスデオ』の抗菌作用によって、
ノネナールの発生も抑制します。

つまり、匂いを一時的に除去するだけではなく、
持続的な加齢臭抑制効果も期待できるということです。

加齢臭の匂いにこれまで悩まされ続けている!という方は、
ぜひ、一度試してみてくださいね。

> 加齢臭石鹸プラスデオの詳細はこちら

一押し記事一覧